ブログ

頭の形や向きぐせのご相談予約について

 

頭の形や、向きぐせを心配されている保護者様へ

 

9月の新規のご相談は予約が満員のため、10月までお待ちいただきますようよろしくお願い申し上げます。受付は先着順となります。

 

頭の形やヘルメット治療について気になることや心配なことがございましたら当院までご相談ください。初診時の月齢は、だいたい生後2ヶ月から6ヶ月頃までのお子様が多くお問い合わせいただいています。

診察の流れですが、

まずは初診で頭の形を見せていただき、頭の形の変形が病的なものではないか、近隣の脳神経外科をご紹介させていただきます。頭の骨が早期に癒合する早期癒合症の有無につき問題ないことを確認させていただき、頭の形のスキャンを撮らせていただきます。予めご了承ください。

 

ヘルメット装着時期は早い場合は2ヶ月から首が座っていない場合でも可能です。また生後6ヶ月を過ぎてもアイメットは治療可能ですのでご心配な場合にはお気軽にお問合せください。

 

北摂をはじめ、たくさんの患者様が、他府県からも治療に通ってくださっており、遠方で通院が大変な中、月に一回のヘルメット調整のために皆さま頑張って通院していただいております。

 

ヘルメットをしっかりかぶせていただけるよう、肌の弱いお子様ですとガーゼをつけていただいたり、お子様が嫌がらずヘルメットをかぶることを楽しいとお子様が感じるように、可愛いシールやリボンをつけたり、ご自宅でも色々努力や工夫をされていて、大変だとは思いますがその努力や熱意に頭が下がります。

 

保育園に通いながら、保育園の先生にも協力してもらいヘルメット治療をすすめているお子様もおられます。保育園には意見書もお渡しできますのでお気軽にご相談ください。

 

双子のお子様でヘルメット治療に頑張って来てくださっているご家族様も複数おられます。

 

双子ちゃんの2人のうちおひとりのお子様がむきぐせや歪みが強いことが多く、おなかの中での位置も影響している場合もありますので、双子ちゃんを連れてのご相談やヘルメット治療は大変と思いますが気になる場合には当院からもできるだけサポートさせていただきますので、お気軽にお問合せください。

 

乳児期は大変なことも多い時期ですが、半年から長くて1年、ヘルメット治療を頑張っていただいているご家族様を少しでもサポートできればと思いますのでお気軽にご相談ください。

 

ご注意

治療効果には個人差がございます。ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

当院では、大泉門がすでに初診時に小さくなり閉じてかけている場合や、6ヶ月以上のお子様で頭の歪みが強い場合で治療をご希望された場合でも、原則ヘルメットのご相談を承っておりますが、お子様が9ヶ月を過ぎておられる場合には、ほとんど頭の形は改善しないためお断りさせていただいております。

 

上記の場合、治療効果は落ちるかもしれませんがご両親様がその点をご了承の上ご希望された場合に限り治療を受けていただいております。

 

なお、低出生体重や早産でNICUでの治療歴がある場合や、生まれつき頭部、お顔、耳など頭周りの部位に関与する基礎疾患がある場合、初診時に頭蓋骨および頭囲の異常や発達の遅れが明らかなお子様につきましては、大阪医科薬科大学、高槻病院などの小児脳神経外科の小児脳神経外科医の管理の下でヘルメット治療を受けていただけるかどうかご紹介させていただいております。上記の場合には当院にてヘルメット治療は受けられませんので予めご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

 

ヘルメット治療開始された後は、ヘルメット作成費用や治療費用につきましてはいかなる理由があってもご返金はできませんのでご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

バックナンバー
こんな記事も読まれています。
予約はこちら
電話が繋がりにくい場合は、下記にお願い致します。
tel.080-8874-2786
(診療時間以外は繋がりません)
みしなこどもクリニック
大阪府茨木市東中条町13-13
072-629-7572
電話が繋がりにくい場合は、下記にお願い致します。
tel.080-8874-2786
(診療時間以外は繋がりません)
Copyright (C) Mishina-kids.clinic. All Rights Reserved.